時の形見

f:id:mhkj2:20161011200647j:plain

 

                 あしあとにちぎれ夜

                 きききき音たて

                 水鏡に息吹く 

                 怖気ふるって蹴り散らすと                                    

                 軌道は乱反射

                 断首台の上

                 ころがり逆巻く

 

                 あまり汁あしうらにこびりつく

                 ちりぢり歩幅と貧しいステップ

                 いっせいに鬨の声あげ

                 うつつわずか揺らす

                 あおくあおくあおくあおく

 

                 このよきれぎれ道行て

                 南南西に吹きしぼり  

                 べりべりべりべり               

                  ああ ああ ああ ああ

                 とりおとして時くべる

                 もえるもえるもえるもえる

                 もにふしふしぶし舌ためて

                 こわれとどまりころがりかたり

                 

                      たね 

                     ぽとり。

                 

 

            

広告を非表示にする