夜の頂

f:id:mhkj2:20170831105313j:plain    

  

              行方知れずをとろとろ燃やし

              真っ赤な月が生り果てる

              無念いっぱい糧にして

              生い茂った夜の幸

              片目開いてしんしんしん

 

              うまれたたばかりの露は降り

              積もり募って地に染んで

              無辜の怪物大河となり

              轟音あげて昇天す

              空気の送り火焚き上げて

 

              危い循環 果たし終え

              月はしょんぼり腐り逝く

              ぱっかり割れて陽を生む定め

              果たし終えずに道半ば

 

              光の残滓 花に尽き

 

広告を非表示にする