影喰い

 

       立ち去って行ったモノたちが落とした目玉はとても獰猛で。

       始末に困っています。

       なにせ通行人のうしろから噛ついてきて影をはぎ取るんですから。

       そんなモノ持って行ってどうするのかって?

       決まってるじゃないですか!食べるんです。

       おいしいのかって?知りません!(笑)

       でね、そのあと隅の方に行って腐っててなにかぶつぶつつぶやいてるんですよ。

       そうこうするうちにパカっと頭のあたりが割れてなにやらドロっと出てくる。

       目玉はどうやらソレを創作物かなにかだと思ってるようなんですよ。

       でね、気味悪いじゃないですか。

       早々にホウキで履き寄せてしまうと怒ること怒ること!

       真っ赤になって破裂して

       そこらじゅうをベタベタにして逝ってしまうから本当にもうどうしたものやら。

       でも、それしかどうやらできないみたいなんです。

       それがきっといのちの全工程なのでしょうね。

       えっ!お前も目玉の滓から漂うかげろうじゃないかですって?

        あ~。。。。。

       それでも世はこともなし、ですねぇ

       あなたがもういないことを除いて