f:id:mhkj2:20140214130741j:plain

 

曲がりなりにもいろいろうろうろあちこち歩き回ったあげく、

たどり着いたのがこういう場所だっていうのは、あきれるというより少し笑ってしまいますね。

ただ、しみじみ想いをめぐらすようなものがなにも無いというのは、

返ってよかったかもしれないです。

かねてからど詩とか文学とか、無縁だな~、と思っていましたケド、

なるほど~、と納得してしまった次第。

ここは紡ぎだされる言葉のないところです。

いや、私に見えないだけか。。。。

 それでも、なにか書いてしまってるのはどうしたものか。。蛇足の中の蛇足ですケド。

私がしているのは、

こうやって墓標のようにしてしまったモノを撫でて回ってるだけなんでしょうね。

えっ!迷惑だろうって?たぶんね(笑)

あともうすこし、書いてゆきましょうか。

目的?指標?そんなのいらなけれど、なるべくこーゆー自分語りはヤメましょうか?

なるべく、事柄にそって。なるべく、ね。