Sacrifice

f:id:mhkj2:20160807125557j:plain

 

 

                     闇

 

 

                息をひそめてひそひそそ

                生臭い肌理をすりよせて

                紅色チロチロ舌なめずり

                しだいしだいに寄り隗まって

                いつしかいのちのほのおが灯る

 

                ほのおははしる

                真昼の空を夢見て

                ぞくぞくぞくぞくふきだす火勢

                いつしかかたち成し

                それはちいさなお祭り

 

                さかさまになって申す申す

 

                われうたかたにいまうたう

                うれしやとうとううきよのきわ

                いでましてはいだしはびこって

                ちのけのけもののけをけがす

                よぞらにきずをつけてさえ

                えいごうゆめみててをのばす

                されど

                せつなにともりしいのちのひかり

                てからにげゆくからからと

                てにてにてをとりとりとりにがし

                いまわいまわのわかれうた

                またたのしからずや

                しかばねの

                のうりにしみいる

                しののめのいろ

                

    

                    闇

 

 

                くらがりを陽光に託すと

                中空にうつしよ

                やがては空に空蝉の渇き

                ひそかに陰翳を照らす