謝肉祭の夜

f:id:mhkj2:20161109151610j:plain

 

             一番目に招かれた客は花束をたずさえやってきた

             凍結された怨嗟を溶かして酒宴をひらく

             怒りの花で蒸留された酒は奔流となり

             街を呑み干し宴もたけなわ

 

             二番目に招かれた客は実りをもたらした

             水浸しの街に不具の命が満ち満ちる

             こどもたちは爛れた脂肪を火にくべる

             古いものを燃やし尽くせ

 

             三番目に招かれた客は収穫の時を知らせに

             全き善が生贄を欲している

             炎の使徒は全てを投げ打ち街は火の海

             贖罪の炎を燃やし続けろ

 

             四番目の招かれざる客は祈り続ける

             赤々と火球が空を覆いつくし

             地平線から火の手が上がる

             大音量でこだまする天使の歌声

 

             彼方から

 

             Oh it's such a perfect day

             I'm glad I spent it with you

             Oh such a perfect day

             You just keep me hanging on

             You just keep me hanging on  ※

 

             悠久のロンドを舞い続けろ

             すべては報われる

             祝祭の炎が尽きるまで

 

 

                                              ※Perfect Day (Lou Reed

 

広告を非表示にする