読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閉じた唇

f:id:mhkj2:20170207151400j:plain

                 

                    途切れた声

                   朝霧に濡れ横たわる 

                   

                  燃え上がる饒舌な香り

                  心臓のように脈打つ紅

                  極小の闇 纏わりつかせ

                  肌理をそろえて沸きあがる

                      やがて

                   祝福の光に射抜かれ

 

                  それは肥沃な時間のかけら

                   思い 散らし 蒸発し

 

                  まだ息づいている

                  舌を伸ばして弄っている

                  朝露の光を 生き物の息吹を

 

                      もう一度

                       何度でも 

 

                            渇きの塊

 

                                                                                  ひとり

 

                                                                 

広告を非表示にする