読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌し

 

f:id:mhkj2:20160120180726j:plain

                                                                    

                                                                      雪崩打って

 

                      匂い

 

                                                花びらから剥がれ落る

 

                      広がり

 

                    層となる

 

 

                          形なす真空

 

                       見知らぬ記憶のよう

 

                                                       足に絡んで 離れない

 

 

 

 

                                                                      と

 

 

 

 

                                         遠雷

 

                      kokohorewanwan

 

                                                                              轟く

              

                                                        

  

広告を非表示にする

しるし

f:id:mhkj2:20170203172439j:plain

 

 

          きづけばずっしりうでのなか

 

          いったいいいつからついたのか

 

          ぐっしょりぐっすりぐずぐずと

 

          あおくおありでおはします

 

          くるころくろくもわれめから

 

          とろとろとろんとしずくたれ

 

          おおいおったかとがのかて

 

          あおぎあえぎおありまで

 

          あるききづけばかげぼうし

 

          

         ワタシハダァレダレデショネ

           

 

広告を非表示にする

f:id:mhkj2:20170131153059j:plain

              

                         梅は咲いたか散りぬるを

 

                       花ゃ 夜な夜な風次第 

 

                       香ゃ 現身三際散々

 

                 草葉の陰からI'll be back

                       

                    うぃと朝まで吐きもどし

                                                          

                  花も地虫も歌えや踊れ

 

                                                            ミミズだって

                   オケラだって

                   アメンボだって

 

 

                                浅き夢をば 

 

 

                        はぁ

 

                  みやしゃんせ みやしゃんせ

 

 

                                             

広告を非表示にする

No man's land

 f:id:mhkj2:20160519061547j:plain

 

                                                  あの角ドアノブ昇ると見える

 

                   耳を劈く冷たく痛く

 

                   言いたい喉笛溝江のジビエ

 

                     罪積むつみれがつまびらか

 

                        無下の人減幻化の原価

 

                   無量の無理解蒸し返し

  

                  無体の遺体の横たわる

 

                                                        幻夜の原野の眼科では

   

                      只今 Desert食べ放題

  

                

               

広告を非表示にする

季節は夜変わってゆく

f:id:mhkj2:20160224014337j:plain

 

 

                  ダルマサンガ コロンダ

 

                            視界の死角

                                                                                 響

 

              

      

                            土に 還る 

                             花の音

 

 

 

                             纏わりつく

                                  蝉の音

 

 

 

                                     実りの音

                          足早に

 

 

                                                  ミンナミンナ ソバ二イルヨ

      

                                    てのひらの

                                                                       温 

 

 

 

                          

 

                                                           動いているのは

              

                                                                 ただ 

                  

                                                                        月

 

 

                   

 

 

帰還

f:id:mhkj2:20150615185202j:plain

 

                                           「  が、帰ってくるよ」

                                             皆が一斉に呟きだした

                                     

                                            「  が、帰ってくるよ」

                                         耳の中 目の中 心臓の中 肺の中 腸の中 

 

                                          「  が、帰ってくるよ」

            皮膚の襞 尻の襞 粘膜の襞 襞の襞

                

                  それは

                                

                   希望

                   絶望

                   熱狂

                   諦観

                   快楽

                                      災厄

                 

                                                   

                                                     食い   永らう

                                                       潜み   増殖す

                    

                                                              

                 

                  深淵

                                          

                                               「  が、帰ってくるよ」

 

  

広告を非表示にする

f:id:mhkj2:20120105170510j:plain

 

                  弔い火落ちる 

                  見とりの浜

 

              なにか 寄り来る 太古のきわ

 

              シャリシャリシャリシャリ音をたて

 

                      シャリの数だけ殺と生

 

                 満ちる 朽ちる 

                                               朽ち満ち満ち朽ち満ち朽ち満ち朽ち

                                                              

 

 

                                                                 その刹那

 

              無量のエーテル溢れかえ

 

             ミナサンサヨナラマタアシタ

 

  

広告を非表示にする

邂逅

f:id:mhkj2:20150331132253j:plain

 

                                                        春の仕組みの裏側で  

                                                         

                                                          時の岸辺の此岸の野

 

 

 

                      ぽ

 

                     ともる

                     うかぶ

                 

 

                     ぽん

                          ふたつ

             

                    ぽふ

                    みっつ

 

 

                          ぼ

                     さざめき にじむ

            

 

                                                                                                                                      逝く河し穢し

                       にぎわしく

 

 

                                                               やがてすべて

                                                                  後になり

 

 

  

広告を非表示にする

こだま

 

                        と

 

               終る             気配

 

                     と 

 

               記憶    と   にた世界

 

 

                                                   

              歩く          まええ

 

                     と

 

              動く         音

 

              匂い           面影のよう

     

                   

                   

                     と

                     息                 

 

                  花が咲き逝く

 

 

広告を非表示にする

へんげ

f:id:mhkj2:20170112151852j:plain

 

                すぅ と

                白がくぅすべる

                薄闇したがえ

 

                ふぅ と

                白はう

                冬の触感

 

                ぬ  と

                  白

                擬態する

    

                 白

                へばりつく

               兆し孕んで

広告を非表示にする

言語発生論

f:id:mhkj2:20160107175545j:plain

 

     トコロは店の所在さえ 定かではない 打ち捨てられた古道具屋

     その一角の片隅に 忘れさられたパンドラの甕

     しがないぬか漬け造りの壺として 細々その日の口ぬらす

     降り積もった忘却と ぬかの匂いに疲れ果て

     おもむろに語りだすさま あはれなり

 

      われこそは

      憎しみ 妬み 悪だくみ あらゆる快楽を地にもたらし

      希望 期待 未来に明日 災厄もまた生み出した

      だからこそわれこそは 真っこと私のことこそが 人類の祖であるのだよ

 

 

     それ聞いた店番 声かけた

 

      小汚い、おっと失礼、甕様大明神様

      それでは不肖わたくしめのため なにか出してくださいな

      できないとは言わせない

      もしも何も出ないと言うのなら 叩き割って不燃ごみ

 

 

    漬物の壺 口惜しいやら恐ろしいやら

    白目をむいて 顔真っ赤 紅白の餅もかくありと

    踏ん張ってはみるものの ついには 目ん玉飛びだして

    おめでとうと言ったか定かでない

 

 

    けれど暗い廃材置場 漬物壺の欠片から

    なにやら にょろっと這い出して 虚空に消えたと人伝に

      

         

 

                                後人そのにょろを

         「言葉」と呼んで蔑んで 同時に敬い奉る 

                               快楽 災厄  そのすべてをいつか見とる

     

 

                   灰燼の上に立つ      

 

             

                      灰の王

 

 

 

 

               とは定かでない

 

 

 ※ここで語られている会話はいったい何によってなされているのか?

 それが学会の一大スキャンダルに発展してゆくのは またのちのちのお噺。

広告を非表示にする

産声

f:id:mhkj2:20140308170413j:plain

 

           奥闇奥底 奥ノ奥 赤ノ踊り手 出で出で出出出る

                                                        

               ちろちろちろおぬるぬろり

              

          纏わり濡らし ながい舌 虚空孕ませ 火ノ子あげ

                   

               夜空弄り ぐりいぐり

              

 

          黒に染まった奥ノ底燠ノ奥底其処此処其処処

             

          颯の波頭 屹立し 疾風切っ先 火ノ子裂く

 

 

              

                                                      轟きわたる阿鼻叫喚

               無音ノ暗闘 暗愚愚愚

 

 

               

                                              赤と黒ノ骸から 今 暁が蘇る

 

 

広告を非表示にする

招待状

f:id:mhkj2:20161210091536j:plain

 

              こっちにおいでよ

 

                 かげが

              まっかなこのはにこえかけた

              きせつはずれのこのはのこ

 

              もう いくところ ないんだろ

              なに、すぐそこ

              ほら、あしもと

              そう、ちのそこさ

 

                 かげが いう

   

              どうするかって?

              かぁんたんさ

              あめにくちはてとろけてゆけ

              ちかにあるのは

              くちもののかわ

              うねりうねってごうごうと

              みんなとろとろとろとろとろとろとろ

              ヒト ネコ トリ ブタ

              きれいなこころにみにくいたましい

              かけがえないおもいでも

              わすれたはずのできごとも

              みんなみんなひとつになる

 

                  そのさき?

 

 

                  かげが わらう

 

 

 

と、一陣の風。

 

              ただ  アスファルトの感触だけが残った

 

 

広告を非表示にする

Winter Moon

f:id:mhkj2:20160923010125j:plain

 

                ひとの世ひと夜の

                独眼の夢

                月下春宵のまぼろし

 

               されど ただ 花を待つ 

 

 

広告を非表示にする

Fish Song

f:id:mhkj2:20160222171343j:plain

 

              ちいさな歌が聴こえます

              磯場の澱み

              海の欠片から

 

 

              幾万の輝く魚影

              幾千万もの大波と

              永劫を奏でる

               満天の星々にも呼応して

 

              恋々と 懐かしく。

 

 

 

              ちいさな歌が途絶えます

 

              けれど

              剥がれて落ちた鱗の銀

              螺旋を描く

 

              ちいさなちいさな星雲を 

 

 

広告を非表示にする