読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一週間のうた

f:id:mhkj2:20160316170028j:plain

 

                 一日目

                 

            ひかりあれ と ほのおおともす

            くるったてもと すべてははいに

            くるいはくろい ちじくにおよび

 

 

                 二日目

 

            くるったちじく われめから

            あめつちのあいだ わかれだす

            すきまにふきだす くろいうみ

 

 

                 三日目

 

            つみつくろおう いととあさ

            くるったてもと ちしおから

            いかりくるくる いのちくる

 

 

                 四日目

 

            くるったいのち くるほうに

            おくりかえす くりかえす

            くろいくるい るいるいと

 

 

                 五日目

 

            ちじくのくるい つくろって

            あめつちのあいだ ふさいだら

            くろのほのお すべてをつつむ

 

      

                 六日目

 

            くるったくうご ひびくなか

           くるもののこない くうのなか

    

 

 

               七日目の渾沌

 

                   うたのなか

 

                くりかえす

 

 

 

 

 

             ※あとでだいぶなおします

                                                         ちっと黒すぎ?

 

広告を非表示にする

Heathen Earth

f:id:mhkj2:20160320194340j:plain

                

 

                    ぽとり。

 

                   世界が いま

 

                    落ちた

 

                 居並ぶ影の残像引き連れ

                 強酸性の大気の中 沈む

                 砂の塔を起点に

                 ゆっくりと 弧を描いて

 

                   中空の眼球 

                 ぶよぶよぶよ欠けてゆく

                 滴る泪 釘になる 

                 地に降り注ぐ

                 残されたものの頭上へと

                 やがていつか慈雨となり

                 

                 眩くおく吹く風の帰し方

                 漂うこだまの切れ切れに

                 駆逐された影をまね 

                 再び昇る 硬質の物思い 

                 

                          待つ

 

                      見知らぬ詩を

 

                     遠く 

 

                    笛の音の間

 

広告を非表示にする

訪問者

f:id:mhkj2:20111012141418j:plain

 

                                                              春がくる

 

      人々の望みと その絶大な信用をかさに着て

      薄情な面持ちと袖ない仕草はあいかわらず

      冬の間に死んでいった草

      埋もれたまま黴てゆく虫

      そんなものはとおかまいなしに

      そしらぬ顔で春がやってくる

 

      きっと誰も気にしない

      去年の春と今年の春 

      いつも毎回 春が違うことを

 

      終わってしまった世界を粉々に砕いて

      猛々しく 春がやってくる

 

      今度の春は 

 

      羽化することができるだろうか

      夏闇の蝉のように

      ひかりの詩を歌いながら

 

広告を非表示にする

閉じた唇

f:id:mhkj2:20170207151400j:plain

                 

                    途切れた声

                   朝霧に濡れ横たわる 

                   

                  燃え上がる饒舌な香り

                  心臓のように脈打つ紅

                  極小の闇 纏わりつかせ

                  肌理をそろえて沸きあがる

                      やがて

                   祝福の光に射抜かれ

 

                  それは肥沃な時間のかけら

                   思い 散らし 蒸発し

 

                  まだ息づいている

                  舌を伸ばして弄っている

                  朝露の光を 生き物の息吹を

 

                      もう一度

                       何度でも 

 

                            渇きの塊

 

                                                                                  ひとり

 

                                                                 

広告を非表示にする

匂い

f:id:mhkj2:20170223151023j:plain

 

                 さようなら

 

                 木漏れ日のむこう

 

                 ひくくつぶやく

                

                 さようなら

                 

                 輝く夕日の光輪のきわ

 

                 たえまなく とめどなく

 

                 さようなら さようなら

 

                 雨のしずくの万華鏡

 

                 降り注ぐ

 

                 届かない言葉

 

                 あとから あとから

 

                 無限にとおのく

 

                 きらめきのなか

 

                 それでもいつか

 

                                                                 光

 

                 地に落ち河になる

       

                 河は地中を駆け昇る

 

                 野に花咲かせ

      

                 空に小さな火花が灯る

 

                  闇をひそかに温めて

 

                       新しい詩を

 

            

広告を非表示にする

f:id:mhkj2:20170309021537j:plain

 

               食いちぎられる午後の日差 

               声あげ 裂かれ 恍惚と

               堪え切れない月の貪欲

               昇る前から触手を延ばし

               涎垂らして凝視する

               テーブルマナーは暴虐に

 

               噴き出したのは空の色

               韓紅に首くくるとは

               血潮は流れ流れ行く

               水平線まで届くとき

               月を捕らえて離さない

               共食いの色 三日月の色

               

               残光群がる深度の衝動

               記憶の昏い開口部

               痙攣しながら流れる出る

               踊る人影別れのワルツ

               固執する解剖図

               辿り続ける

               几帳面に

               丁寧に

 

               全てが終わった白の闇

               染み出す 満たす 夜の黒

               置き換えすり替え変わり果て

 

 

                新しい世界が始まる

        

                    夜が明ける

 

                 昨日の明日に擬態して

              

 

広告を非表示にする

f:id:mhkj2:20150929161555j:plain

 

               内部の襞 捲れ上げ

               水脈の傷 曝しながら

                   佇む

               それは形なす沈黙

               じっとり うっとり 

               霧に沈む大気のなか

               計り知れない恕の澱宿し

               黒々と微笑み湛えて              

 

               時折聞こえる 小さき者たちの祈り

               恋々と

               切々と

               風に乗って

               ちりじりに

 

               裁判記録の書記官たち 削除してゆく

               滞りなく

               正確に

               粛々と

    

                やがて

               水脈は天に昇り 空を引き裂く

               ひとすじの光芒  黒炎上げて

 

               焼き尽くされた弾性の黒

               争う事に現を抜かす

               灰になるまで気付かずに

 

               恐怖がのたうち回る

               街を横切り

               間もなく 全て 音もなく

 

 

                       混沌

 

               夕闇のなか  唸り声あげ

 

                   動く。

 

               

広告を非表示にする

約束の地へ

f:id:mhkj2:20170302142507j:plain

        

                                敏感な均衡 

                                        生の直方体 

 

             浮力を失い海中へ

         空は固く縫い合わされて

     

        打ち捨てられた住人たち

               互いの会話を禁じられ 

        熱に浮かされ散らばってゆく

                 見苦しい弁解 複雑な匂いを放つ

        すべての思い 無に帰して

 

        疲弊した住人たち 

               空気は胃にすり替わり 

        命運さえも腐食する

               どろどろどろと自制して

 

                             退化した住人たち

                                        感動的な機械のしもべ

         なにやらやわらかいもの踏み潰す

                                      感傷の残骸 蹴散らしながら

                              知るべきことなどなにもない

 

        ハラハラハラと住人たち

                  言葉も意志も意味もなく

        手足も腹も

                     眼球 臓物 脳髄も

        過去 現在 未来さえ

                     互いが互いを罰しあう

 

          反目の讃美歌合唱

                                         地平線まで轟き渡る

         それは転げ落ちる骨の調べ

                    不思議なハーモニーを奏でる

 

 

 

               混迷の塔

 

            深海の底 沈黙のなか

 

               苦痛の全体引きずって

 

            

    

              待つ。

 

 

広告を非表示にする

カメラ

f:id:mhkj2:20160906160151j:plain

 

                  瞳の奥の赤の舌

                                             血管涙腺張り巡らせ

                  円錐形で揺れている

                  飢えた角度の静止の姿勢

                  逆さに吊られて外の肌理

                  溢れることなくふき曝す

                                             攪拌された夜の画布

                                            ケモノの食欲 音もなし

 

                       ただ

     

                       故なく

                       冷たく

                        砕く

 

                                                      食いつくす                     

 

                       全てが朽ち逝く祭りの朝

 

                            蘇るもの在り

              

                                                時の裁きを待ちながら

 

広告を非表示にする

はじまりのはな

f:id:mhkj2:20170228135102j:plain

 

            むかしむかしのそのまたむかし

            おそらもだいちもひともねこ

            とろとろとけあいひとつになって

            どろどろどろんとどどどろろ

 

            うっとりたゆたうとわのうみ

            はながいちりんさきました

            はなはまわりをてらしだし

            どろどろどろろにかたちをあたえ

            ちいさないのちのともしびともす

             

            はなはちりくちどろのうみ

            いくまんかいもくりかえす

            おくまんかいかのまんかいのはな

            ついにどろにはたねがおち

            おそらやだいちやひとやねこ

            はなはちにみちいのちがみちる

 

             ちいさないのちはかたよせあい

             よりあつまっていのちのちから

             いのちのちからはいつしかほのお

             おおきなおおきなぐれんのほのお

             おそらとだいちとひととねこ

             すべてをもやしつくしたら

             ちいさなすなにかえてゆく

             すなはちにみちせかいはさばく

 

           さばくのすみっこのこったぬまち

           はじまりのはながまたさいた

 

           がれきにはなをさかせましょう

           それとももいちどどどどどろ

 

 

           それはだれにもわからない

  

広告を非表示にする

忘却

f:id:mhkj2:20160108185716j:plain

               

                                                      原形質の群れ よるの卵

 

                汐が引くよにカラカラ廻る

 

                 螺旋を描き這いのぼり

 

                 氷柱のかたちで垂れ下がる

 

                棘を宿した半熟の色

 

                 ねっとりうっとり捧げられ

 

                 沈んだ星の言祝ぐ夜明け

 

                                         弔う歩幅

 

                                  行き方知れず

 

広告を非表示にする

こどもの時間

f:id:mhkj2:20161109151237j:plain

 

 

                      落とし物を見つけたよ

 

                                                   ころころころがる目ん玉ひとつ

 

                                                            横断歩道の真ん中で

 

                                                                      ぽつんと

 

                                                                      ぽかんと

 

                                                                      所在なげ

 

                                                          きっとこどもの落とし物

 

                                                   ころころころころころがりながら

 

                                                         ぐるりぐるるる見渡して

 

                                                      なんだかとっても不思議そう

 

                                                                    なぜって

 

                                                                     みんな

 

                                                                    落とし物

 

                                                             気付きもしないで

 

                                                                     音もなく

 

                                                                     ただただ

 

                                                                 急いで滑ってく

 

                                                            みんなみんな忘れてる

 

                                                            目ん玉無いの忘れてる

 

                                                            目ん玉落とすと影法師

 

                                                            目ん玉なくした影法師

 

                                                          目ん玉ないのにどこへ行く

 

                                                         いったいぜんたいどこへゆく

 

                                                           するする滑って   衝立の

 

                                                           中にこっそり消えて行く

 

                                                                逆立ちした衝立は 

 

                                                           お空に浮かんでゆーらゆら

 

 

                                 満員ですよ

 

 

                                         と声掛りゃ

 

                                                             真っ逆さまに落ちてゆく

 

                                                              舞台のそでの奈落の底

 

                                                              毎日たくさん落ちるから

 

                                       掃除の係りはお忙しい

 

                                        入れなかったあぶれ者

 

                                           おひさまの中ゆっくりと

 

                                                             うっとりうっかり溶けてゆく

 

                                                                 横着者の笑み浮かべ

 

 

 

 

                                                                    落とし物を見つたよ

 

                                                              ずいぶんむかしに見つけたよ

 

                                                               目ん玉落としたこどもも大人

 

                                             立派な大人におなりでしょう

 

  

                                                                                でも

 

 

                                                                  忘れられたのどっちかな?

 

広告を非表示にする

気泡

f:id:mhkj2:20150620075106j:plain

 

                

             むりむりなりなりあわたてて

 

                                               あわいあわいのあわてていまわ

 

             むりをしょうちのあわゆくば

     

             いずるいずれのののののぞみ

 

             みみみみみずからみずしらず 

 

             いなずまいずるままのしらべ

 

             べからずずるずるずるいずる

 

                                             るいるいるるるのしかばねるるる

 

 

                 否!否!否!否!

 

 

                   残像飛び散る   脳の腹

 

                  舌の感触 骨となり

 

                  贋モノの罪 卵生ず

 

                水晶体の内奥へ

 

 

広告を非表示にする

海彼岸

f:id:mhkj2:20160124065021j:plain

 

 

                    わすれものを引き取りに参りました

                        

                                           と

 

               確かに貴方様の元にあるはずのものでございます

 

                        声

 

                             難渋しておりました

                                       

 

                                                                         思い出したのです

                                                                              

 

                                貴方にお貸ししたのを

 

 

 

 

                                 返しておくれよ

 

                        お前を 

 

 

 

                         砂

 

                             へばりつく 

 

                       参りましょう

 

                              笑う

 

                                                                           水晶の船  浮かべて

 

 

 

 

 

 

                              高波

 

                                                                                     全て   

 

                              元の木阿弥

       

 

 

                              

                          曙   

 

                                                                                仄かなあかるみ

 

 

                          空    

 

                            朱色に染まる

 

 

 

                                                                                         一夜の夢

 

 

 

 

 

                                                   繰り返し繰り返し繰り返し

 

 

 

広告を非表示にする

誕生

f:id:mhkj2:20120831001837j:plain

 

 

                           またひとつ  

 

                                                                       滴り落ちる 

 

                                                                      夜の傷口から

 

 

                       虚空掻き分け

 

                         血に染まる

 

                         全てに抗い

                  

                         穢しながら

 

 

                          今度こそはと

 

                          許されようと

 

                          無益の形 

 

                         露わに成さんと

 

 

 

                               それは

 

                               誰も望まぬ

 

                             詮方のない

 

 

 

                                                                            

 

 

 

                              それでも

 

 

              ぼとんぼととんぼととととととととととととととんとん

 

 

                                 繰り返す

 

                                                                          何度でも

 

 

 

                                                                          長い長い

 

 

                        戦

 

 

                              月の満ち欠けの間

 

 

広告を非表示にする